バトルウィンドットコム:スポーツテーピング・メディカル情報の総合サイト

battlewin


スポーツテーピング講座

スポーツテーピングの考え方から基礎テクニック、巻き方までわかりやすくご紹介します。

ヒザを内側に曲げると痛い時(基本編)

〔使用するもの〕
1.非伸縮テープ38mmまたは、50mm
2.伸縮テープ50mm
3.伸縮テープ75mm
4.アンダーラップテープ
5.粘着スプレー
6.テーピングシザーズ

アンダーラップ
ふくらはぎの一番太い部分から、太ももの中央あたりまでアンダーラップを巻きます。
アンダーラップを巻く際には、アンダーラップを巻く部分に粘着スプレーを吹き付けてください。
台などにかかとを乗せ、重心が前にくるような姿勢を保ってください(前に重心をかけることによって筋肉を緊張させた状態を作ることが目的です)。

アンカー
アンカーは伸縮テープ(75mm)を2本巻きます。
まず1本目は、アンダーラップの下端(ふくらはぎ)に、スネ部分側から1周巻きます。
2本目は、アンダーラップの上端(ふともも)に1周巻きます。

サポート(1本目:非伸縮テープ38mmまたは、50mm
内側の靱帯位置を確認し(目安は、お皿から内側に指2本分で、下側の指1本分と交差するあたりです:写真2参照)、そこをテープが通るようにサポートテープを貼ります。
下のアンカーから上のアンカーに向かって、内側の靱帯の上を通して真っすぐ貼ります。
テープが切れないように、お皿の横のテープ部分の端を2mm程度内側に折り曲げます(手元の拡大写真参照)。

サポート(1本目続き)
上のアンカーまで引っ張って貼ります。

このページの先頭へ


ニチバン Copyright© 2006 Nichiban co., ltd. All rights reserved.